即日借入できるオススメ消費者金融は?

アコムのクレジットカード(ACマスターカード)の特徴は?

消費者金融のほとんどが、お金を借り入れしたり、返済する機能だけの「キャッシングカード」を発行するのに対して、アコムではマスターカードとの提携でクレジットカードも発行しています。

 

・年会費無料のクレジットカード
銀行系のカードなどの場合には、結構年間の会費もバカにならないのですが、アコムから発行されるマスターカードは、年会費・維持費が必要ありません。
マスターなので、買い物する場所にも困ることはないでしょう。クレジットカードでの決済ができるお店なら、ほとんどどこでも使えますしネットでの買い物にも便利です。
キャッシング枠とは別に、ショッピングの枠があり利用限度額の設定は最高300万円となっていますから、これ一枚あれば十分ですね。

 

・リボルビングで毎月支払い
ショッピングでの支払いは、「リボルビング払い」に設定されています。ちょっとまとまった買い物をした場合でも、次の月に支払額が極端に大きくなるということもなく安心ですね。
また、買い物時には、ACマスターカードという表記とデザインになっているので、アコムのカードを使っているようには見えません。「ちょっと消費者金融のカードで支払いをするのは抵抗がある」という人でも、問題無いですね。

 

三井住友銀行グループのプロミスは大手でも審査はそこまで厳しくないと良く聞きますが、例えば水商売をしているホステスさん等でも即日の借入って可能なのでしょうか?
まず最初にプロミスで即日借りる為の条件を説明しておきます。プロミスでは平日の14時までに契約を完了出来ていない場合には即日の融資が不可となっています。
ですからまず平日の14時前に契約が終了するように申し込み方法等を選びましょう。一番手軽に申し込める方法はWebからの申し込みとなっています。ただWeb申し込みは出来るだけ午前中に行いましょう。
プロミスは人気のある消費者金融ですから、審査が込み合っている場合もありギリギリの申込だと審査順の関係で審査に時間がかかる場合もあるからです。もしWebからの申込が間に合わないと判断したら自動契約機で申し込むといいでしょう。
ここで水商売をしているとプロミスで借入は出来ないのかという問題です。水商売でも週3〜5程度働いている方であればプロミスの審査に通過する可能性は高いでしょう。
収入が多ければ審査に通過する確率は上がります。水商売だからといって収入があれば安定した収入です。即日借入たいのであれば怖がらずにプロミスに申し込むといいでしょう。

 

続きを読む≫ 2014/08/17 01:07:17

たまにですが、消費者金融の大手企業はOLに融資を余りしてくれないという話を聞く事があります。
消費者金融の大手のアコムもOLには即日融資を余りしてくれないのでしょうか?

 

アコムは消費者金融の中でも有名企業です。OLさんだからといって審査に落としていたらアコムの評判は余り高くないでしょう。でもアコムって評判はいいですよね?

 

アコムは安定した収入がある人ならOLさんであっても融資をしてくれる可能性があります。OLさんは正社員として働いていますし、ボーナスも支給されるでしょうから融資をして貰う条件としては申し分ないでしょう。

 

だからOLさんは即日融資をして貰える可能性は高いと言えますが、申し込みの際などに注意して貰いたい事があります。それはちゃんと自分の状況を申告する事です。

 

ちょっとでも心証を良くしようと現在の借入額を小さく申告したり、勤務年数を長く書いたりすると本来なら通る審査も落ちてしまいます。虚偽申告は必ずバレますから注意してください。

 

その日にお金を借りたいというのならアコムの場合は無人契約機を利用するといいでしょう。OLさんの場合は平日の昼間は忙しいでしょうから、遅くまで営業している無人契約機を利用する方が即日借入出来る可能性が上がるでしょう。

 

続きを読む≫ 2014/08/17 01:05:17

個人事業主だと収入が売上や景気によって左右されるので、消費者金融に申込をした時に審査で不利になると言われています。
じゃあ個人事業主は今すぐお金を借りたいと思ってもプロミスのような消費者金融では借入出来ないの?

 

個人事業主だからこそ今すぐお金を借りたいという事はあるでしょう。確かに消費者金融では申込の条件に安定した収入のある人と書いてあります。

 

個人事業主は売り上げによって収入が上がったり下がったりしますから、プロミスで借り入れをする事は不可能なのでしょうか?実はそんな事はありません。

 

確かに個人事業主の収入はサラリーマンOLと違い月に幾らという基準はありません。しかし、サラリーマンやOLよりも年収が高いという人も多いでしょう。

 

プロミスの審査は個人の信用情報や年収に重点を置いていると言われています。だから年収が高い方が審査にはいい影響を与えます。ですから個人事業主で年収が高い人はより多くの融資を受ける事が出来るのです。

 

もし個人事業主の方が事業の為に今すぐお金を借りたいと思って借り入れたとしても問題はありません。
個人事業主の場合には融資を受けたお金の使用制限はありませんから、事業資金に使っても何ら問題はないのです。

 

続きを読む≫ 2014/07/24 22:37:24

最近では過払い金請求という言葉がテレビなどでも良く聞かれるようになっていますが、出資法とはそれに関係する法律で、お金を貸し借りする時に利息の上限利率を規定したものです。

 

出資法を違反すれば罰則が定められているため、貸金業者は出資法を守って貸付を行っています。

 

しかし中には出資法を守らないでお金を貸し付ける闇金業者もいるので、そのようなところからは絶対にお金を借りないようにして下さい。
悪徳貸金業者は、当然出資法を違反していることを分かった上でお金を貸し付けているので、もし返済が滞った時にはどのような手段に出るか分かりません。

 

本来であればお金を貸す側と借りる側で自由に利息分の利率を決めることができるのですが、世の中には前に書いた通りに、悪徳貸金業者がたくさんいます。

 

そのため立場の弱い借主を守り、借金地獄に落ちることを防ぐために出資法という法律が作られました。

 

今では出資法で定められている利率に驚く人はほとんどいないと思いますが、1954年に出資法が定められた当時は、100パーセント超える利率となっていて、その後も年々利率は引き下げられてきました。

 

1991年でも40パーセントを超えていたことを考えれば、現在はお金を借りる方にいかに有利となっているかが分かると思います。

 

続きを読む≫ 2014/06/23 15:11:23

借り入れの限度額が50万円を超える場合。また、プロミス以外のお店からの合計が100万円を超える場合には、収入証明書類の提出が求められます。

 

たとえば、初めての借り入れで、30万円を希望。といった場合には、身分を証明する運転免許証やパスポートの提出だけで審査が進められます。

 

収入証明の種類

収入証明の書類としても認められているのは、「源泉徴収票」「確定申告書」「課税証明書」、そして会社員の場合なら「給与明細書」です。
たぶん一番利用されるケースが多いのは、「給与明細書」なのではないでしょうか。この場合には、賞与(ボーナス)が支払われている場合には、直近の一ヶ月分。賞与が一年間出ていない場合には、二ヶ月分の書類が必要となります。
「確定申告書」などは前年度分の書類ですね。こちらは、自分で確定申告を行っていたり、事業主である場合に、毎年処理していると思いますので、それに準じた書類と、数字(年収)の記入が必要となります。

 

ただし、先にも述べた通り、50万円以内であれば、これらの書類は求められません。運転免許のコピーだけでOKです。申し込みする際に記入する事項も、自宅や会社の住所・電話番号などですから、本当に手軽に申し込みが可能です。

 

ちなみに、プロミスは条件が揃えば審査上、即日借入も可能です。

 

プロミス以外でも即日キャッシングできる消費者金融は多いようです。

 

 

続きを読む≫ 2014/06/23 15:08:23